女性ならピルについて一度は考えたことがあるはずですが、利用に至る方は意外と少ないかもしれません。しかし低用量ピルは避妊目的以外にも様々な効果があり、その効果はどれも女性にとって嬉しいものになっています。一度トリキュラーについて調べてみて、これを機会に使い始めてみましょう。

マーベロンの効果と副作用について

女性産婦人科医

マーベロンは女性が1日1錠飲むことで避妊効果を得られる薬です。
マーベロンは低用量ピルという種類の薬に分類され、婦人科のクリニックで処方してもらえます。
マーベロンに避妊効果があるのは、この薬にデソゲストレルとエチニルエストラジオールという成分が含まれていて、飲むと脳下垂体が排卵をストップする指示を出すためです。
デソゲストレルは黄体ホルモン薬、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモン薬になりますが、エチニルエストラジオールの含まれる量が少ないことが低用量ピルと呼ばれる理由です。

そのためマーベロンを服用すると排卵が止まるので妊娠しなくなります。
その避妊効果はメーカーが行った試験によると被験者のうち99.9%が妊娠しなかったという高い結果になっています。
この薬を服用していると妊娠はしませんが、生理は毎月来るので注意しましょう。
マーベロンを飲んでいると生理が規則正しく来るようになり、一般的に経血の量が減って生理痛の軽減も期待出来るのが嬉しい点になります。
そのため、避妊よりも生理痛がひどいことを解決したい目的でこの薬の処方を求める人もいます。
また生理前のイライラなどが改善される効果があるのも良い点です。

マーベロンの服用の仕方は薬剤シートの左上から順番に1日1錠を毎日決まった時間に飲むという方法です。
この薬には21錠タイプと28錠タイプがあり、28錠には偽薬が7錠付いているため、薬の飲み忘れをしづらいという利点があります。

マーベロンは低用量ピルなので卵胞ホルモン薬の含有量が少なくなっており、そのおかげで昔使われていた中用量ピルと比べると副作用が出ることが少なくなっています。
ですから、生理が重くて困っている人や、男性まかせにせずに避妊をしたい人は副作用を恐れずにマーベロンの利用を考えてみると良いでしょう。
なお、マーベロンは通販では普通には買えませんが、個人輸入という方法で通販出来る場合もあります。
しかし、個人輸入サイトの中には怪しいサイトも混ざっていることがあるため、婦人科のクリニックで処方を受ける方がおすすめです。

マーベロンの副作用と服用時の注意について

マーベロンの服用によって起きる可能性がある副作用には、吐き気や頭痛、体のだるさなどがあります。
特に服用しはじめてから1~2カ月の間に副作用が起こることが多いとされており、不正出血なども見られます。
その他にもまれにめまいや動悸、発疹などが出ることもありますが、大半の人では副作用は薬に体が慣れてくる2カ月後位には軽減することが多いです。

マーベロンは服用方法を守って使えば安全な薬ですが、服用する時に注意するべきこととしては、毎日同じ時間帯に飲むことが挙げられます。
飲み忘れてしまうと避妊効果が下がってしまうので、毎日一定の時刻に飲むようにして習慣づけると良いでしょう。

それから、マーベロンを飲んでいる人はタバコを吸ってはいけません。
重大な副作用である血栓症や心筋梗塞が発症する怖れがあるからです。
婦人科でマーベロンを処方してもらう前には医師による問診がありますが、その時に35歳以上で1日にタバコを多く吸う人などの血栓症のリスクが高い人はマーベロンが飲めないと言われることがあります。
それ以外にも肝機能障害がある人や高血圧の人などもこの薬を飲むと危険だと判断されることがあるため、初めてマーベロンを飲もうとする人はクリニックで相談し、安全を確かめるのがおすすめです。

他にマーベロンを服用する際に注意しなければならないのは、セイヨウオトギリソウが含まれている健康食品と一緒に摂取しないことが挙げられます。
それは、この薬の効果を弱めてしまう可能性があるからですが、他にもてんかんの薬などにマーベロンと併用できない薬があるので、持病がある人などはよく確認しておきましょう。

マーベロンの服用中にひどい下痢が続いた場合、薬の吸収が足りなくて避妊効果が低くなることがあります。
そのような時には医師に対処法を相談するのがおすすめですが、副作用かもしれないと思う症状が出た時なども医師に問い合わせるようにするとマーベロンとうまく付き合っていけることでしょう。