女性ならピルについて一度は考えたことがあるはずですが、利用に至る方は意外と少ないかもしれません。しかし低用量ピルは避妊目的以外にも様々な効果があり、その効果はどれも女性にとって嬉しいものになっています。一度トリキュラーについて調べてみて、これを機会に使い始めてみましょう。

トリキュラーを飲んでいると体重が増加する?

女性が自らの意思だけで確実に避妊ができる方法として世界中で使われている低用量ピル、中でもトリキュラーは副作用のリスクが低く扱いやすいピルとして知られており、我が国においても非常に人気が高いようです。
ホルモンの含有量の変化も本来女性の身体に備わっている自然なリズムと同じように作られているので、初めて試す方も負担なく続けられます。

しかしながらトリキュラーのデメリットとして良く挙げられるのがむくみと体重増加で、これはトリキュラーに限ったことではありません。
ピルを飲むようになると太るという話は、女性なら誰もが一度は聞いたことがあるほど有名だといっても過言ではありません。

これはピルの中に含まれるエストロゲンによるもので、腎臓から体内の塩分が排出されるのを抑える作用が働くことが原因です。
体内にたまった塩分は水分を呼び込み吸収するので、結果として水分が溜まってしまうと身体はむくみ、その水分量だけ体重が増加してしまうわけです。

加えて、エストロゲンのもうひとつの働きに脂肪を増やすということが認められています。
本来エストロゲンは美人ホルモンと呼ばれる女性ホルモンで、女性の乳房や太股、腰回りなどに皮下脂肪を増やし、女性らしい丸みを帯びたボディラインを作り上げる作用があります。
トリキュラーを飲みだすと胸が大きくなったと喜ぶ声も多いですが、これは胸に脂肪がうまくついたという事に他なりません。

さらにピルに含まれるプロゲストーゲンの影響で食欲が増進するという事が知られていますが、これが太る原因であるケースも少なくありません。
食欲に任せて食べてしまえば、当然ながら体重はどんどんと増えてしまうでしょう。

ただこれらの症状はトリキュラーを服用すればすべての女性に現われるというものでもなく、個人差も有り、全く変わらない方もいらっしゃいます。
基本的にピルを服用すると、女性の身体は妊娠をしている時と同じ状態になると言われているので、体重は増えやすい身体になってしまいます。

トリキュラーを飲みつつも太らないようにする方法

トリキュラーを服用しはじめると、むくみやすくなり食欲も増進してしまいますが、自己管理さえしっかりとしていればある程度症状を軽減させることも可能で、体重を増やさずに過ごすことも出来ます。

一番大切なのは食事に気を付ける事で、旺盛になってしまった食欲をいかに自分でコントロールするかです。
これは通常のダイエット計画と何ら変わりません。
摂取エネルギー量が消費エネルギー量を超えてしまえば、身体が太っていくのは当然なので、食事を見直すとともに適度な運動を心がけるなど、消費エネルギーを増やすことを意識した生活を送りましょう。

さらにピルに含まれるエストロゲンの作用で身体から水分が排出されにくくなってしまうので、塩分を控えた食事にしましょう。
塩分を摂れば摂るほど体内には水分が溜まってしまいますし、何より高血圧の予防にもなるので濃い味付けではなく薄味を心がけるなどの対策が必要です。

身体のむくみはマッサージでも随分と緩和することが出来るので、顔や足などのリンパを流すように毎日ケアをするのもお勧めです。
むくみを和らげる加圧式のソックスやストッキングを利用するなどすれば、下半身に水分が溜まりにくくなり足が太くなることもカバーできます。
寝る時にはクッションやタオルを重ねて、心臓よりも少し足を高くして眠るなども効果的です。

また、筋肉量を増やすことでも身体はむくみにくくなるので、ウォーキングや軽いジョギングなどをして下半身を鍛えることもお勧めです。
トリキュラーを服用する事をきっかけに、食生活や適度な運動を取り入れるなど生活習慣を見直すことは、引いては健康で美しい身体をキープできる事にもつながるので、ぜひ頑張って見てはいかがでしょうか。