女性ならピルについて一度は考えたことがあるはずですが、利用に至る方は意外と少ないかもしれません。しかし低用量ピルは避妊目的以外にも様々な効果があり、その効果はどれも女性にとって嬉しいものになっています。一度トリキュラーについて調べてみて、これを機会に使い始めてみましょう。

トリキュラーは飲み始めに副作用が出やすい?

低用量ピルのトリキュラー

避妊や生理不順の対処に使える薬としてトリキュラーがあります。
トリキュラーは個人輸入によりインターネット上での購入が可能です。
また産婦人科などで診察を受け、医師から処方してもらうことも出来ます。
正しく利用すればほぼ確実な避妊が実現でき、生理不順も改善することが出来ます。
また、薬により生理周期が整えられることで、生理を避けて予定を立てることが出来るなど摂取することによるメリットは大きいです。
一方で、トリキュラーには副作用のリスクがあるというデメリットがあります。

特に、トリキュラーは飲み初めのころに副作用が出やすいとされています。
避妊にせよ、生理不順にせよ体に影響を与える以上、薬に含まれる何らかの作用がはたらいています。
体が薬の影響を受けた後の状態と比較して差があればあるほど、薬による影響は大きくなるのは当然です。
薬の影響が大きければ薬による副作用も当然発現しやすくなってしまいます。

二度目、三度目と継続して飲んでいけば薬が体に与える影響も少なくなり、副作用は発現しにくくなり、副作用が仮に発言したとしても小さなものであることが多いです。
やはり初回の大きな影響時が最も副作用の発現確率が高くなってしまいます。
特に飲み初めでも、今まで一度も飲んだことがない人が飲む時が一番副作用が出やすいです。

一度もその薬を摂取したことがないと当然不安になります。
その不安という精神状態が副作用を強く出してしまう場合があります。
副作用は体調や精神状態などにより出やすさが変化するということです。
病院で診察を受け、医師の指示を受けたうえで安心して摂取し始めるのが一番副作用が出にくい方法となります。
一方で病院に行かず、インターネットで購入した薬を何の知識もなく飲むと、不安から副作用が出やすくなってしまいます。

いずれにしても飲み初めのころに副作用が出やすいというのは間違いありません。
出来る限り副作用のリスクを下げるためにも、体調や精神状態を整えるように心がけると良いです。

副作用の種類とその対処法について

トリキュラーによる副作用として一番多いのは頭痛です。
頭痛は軽いものからかなり重いものまでありますが、一定時間たてば収まることも多く、数日薬を飲んでいれば完全に発生しなくなることも多いです。
あまりにもひどい時は病院に行くことも検討した方が良いですが、日常生活が送れるほどであれば数日もすれば収まります。
数週間しても頭痛が続くようであれば病院で診察を受けることをお勧めします。

もう一つのメジャーな副作用としては吐き気があります。
こちらも頭痛と同じく、特に対処しなくても自然に収まることが多いです。
ただ、注意しなければいけないことは吐き気だけなら良いですが、実際に吐いてしまうと薬が体内に吸収されておらず、無効となってしまっている場合があります。
これに気が付かずにいると薬の影響を正しく得ることが出来ずに、問題が発生してしまう場合があります。

最も重い副作用は血栓症です。
血栓症は大変危ない症状であり、一刻も早く病院に行く必要があります。
血栓症になってしまうと最悪死につながる可能性もあるということを覚えておかなければなりません。
もし発生してしまった場合はただちに薬の服用を中止して、病院に行く必要があります。
また、その薬は体に合わない可能性もあるので、薬の変更を検討する必要もあります。

以上の3つが代表的な副作用です。
頭痛や吐き気は発生したとしても大した問題にはなりません。
これが長期間続いたり、あまりにも激しい場合は病院に行く必要がありますが基本的には気にしなくても問題ありません。
一方血栓症は本当に危険な症状です。
もし血栓症と疑われる症状が現れたら直ちに病院に行く必要があります。
事前に血栓症について担当医に聞いておくことをお勧めします。