女性ならピルについて一度は考えたことがあるはずですが、利用に至る方は意外と少ないかもしれません。しかし低用量ピルは避妊目的以外にも様々な効果があり、その効果はどれも女性にとって嬉しいものになっています。一度トリキュラーについて調べてみて、これを機会に使い始めてみましょう。

トリキュラーはニキビ改善や生理痛緩和にも使われる

ニキビは過剰な皮脂の分泌によって引き起こされることがあります。
そして、皮脂の分泌には男性ホルモンが関係しているということです。
実は女性にも男性ホルモンが分泌されており、体毛の発育をもたらすなどの作用があるとされています。

男性ホルモンはトリキュラーなどの低用量ピルの成分である黄体ホルモン製剤の中にも含まれています。
生理前になると肌荒れやニキビなどのトラブルが増えてしまうという人も多いでしょう。
これはプロゲステロンから変化した男性ホルモンによるものと言われています。
そのためプロゲステロンの働きを抑えることがポイントです。

トリキュラーなどの低用量ピルはニキビの治療に効果的とされています。
排卵期を終えて黄体期に入るとエストロゲンの分泌量が低下し、プロゲステロンが優位になります。
男性ホルモンの作用はエストロゲンによって抑えられていますが、プロゲステロンが優位になることで男性ホルモンの作用が活性化されてしまいます。
結果として皮脂の分泌量が増えていまいますし、ニキビができやすくなってしまうということです。

トリキュラーを服用することでプロゲステロンをコントロールできるようになるため、男性ホルモンの過剰分泌を抑えられるようになります。
ニキビ治療を目的として低用量ピルを使用する場合、ニキビが良くなったら飲むのをやめたくなるかもしれません。
しかし、効果を実感するためには継続して服用することが大切です。

トリキュラーにはエストロゲンとプロゲステロンの製剤が入っており、ホルモンバランスを整える効果があります。
女性ホルモンはストレスなどで乱れやすく、どちらかが過剰に分泌されることでさまざまな症状が出てしまいます。

トリキュラーを飲むことでホルモンの過剰分泌を防ぐことができますし、ホルモンバランスを正常に近い状態に整えることができます。
ホルモンバランスを整えるとさまざまなメリットがあります。
生理痛を緩和したい場合などに皮膚科で処方されることもあるでしょう。

生理痛は子宮内膜が剥がれる時に出るプロスタグランジンというホルモンによって引き起こされると言われています。
プロスタグランジンは子宮を収縮させることで子宮内膜を剥がすという作用があります。
しかし、人によっては強い痛みに感じることもあるため、トリキュラーなどの低用量ピルを服用するのがおすすめです。

トリキュラー本来の使用法は避妊にある

生理痛の緩和や生理不順を改善するため、皮膚科でトリキュラーを処方してもらいたいという人もいるでしょう。
しばらく服用を続けることで生理痛が軽くなると言われており、生理中でもゆったりと過ごせるようになります。
低用量ピルというのは服用を続けることで効果を発揮する薬です。
しかし、飲み続けるのは面倒だという人や妊娠のことが気になるという人もいるかもしれません。

周期の途中でトリキュラーの服用をやめた場合、しばらくすると生理が来ることになります。
この段階ではまだトリキュラーの効果は持続していますが、そのまま次のシートを飲まずに放置した場合、トリキュラーの効果は無くなってしまいます。

トリキュラーにはニキビ改善や生理痛緩和といった効果がありますが、その効果はずっと続くわけではありません。
低用量ピルによる治療は根本から症状を改善するものではなく、あくまで状態を整えて症状を緩和するものだと知っておきましょう。
そのため服用中は症状が治まっていても、服用をやめると以前の状態に戻ってしまう可能性が高いということです。

また、何度も服用の中断や再開を繰り返すことも良くないとされています。
4週間以内の中断なら問題ありませんが、4週間以上中断すると再開した時に血栓症のリスクが高くなります。
そのためトリキュラーの中断を考えているならまずはドクターに相談してみましょう。

ちなみに、妊娠のために服用をやめる場合は特に問題ありません。
しかし、トリキュラーの服用をやめてもすぐに排卵が起こるとは限らず、正常に排卵されるまで3ヶ月程度かかってしまうこともあります。
子宮内膜症や月経不順などの治療で服用していた場合、服用をやめることで症状が悪化してしまう可能性も考えられます。
病気の悪化は不妊の原因にもなってしまうので注意しましょう。