女性ならピルについて一度は考えたことがあるはずですが、利用に至る方は意外と少ないかもしれません。しかし低用量ピルは避妊目的以外にも様々な効果があり、その効果はどれも女性にとって嬉しいものになっています。一度トリキュラーについて調べてみて、これを機会に使い始めてみましょう。

トリキュラーは排卵する働きを抑える低用量ピルです。
エチニルエストラジオールという卵胞ホルモンとレボノルゲストレルという黄体ホルモンが配合されています。

脳下垂体にエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが働きかけることで、引き起こされる排卵を抑える働きがあります。
また、子宮内膜に厚みを持たせないようにする変化によって着床が妨げられ子宮頸管粘液が変化することで、精子が子宮の中に入り込みにくくする仕組みです。

これらの作用で避妊を支援する効果を得ることが期待できます。
そして避妊する効果に加えて、ホルモンバランスが整い、生理痛や貧血の症状が改善される効果も人気があるのです。

そしてトリキュラーを服用することにより避妊できる確率は90パーセント以上、むしろ100パーセントに近いとも言われていて、女性に非常に人気がある低用量ピルになります。
日本で最も普及していることがトリキュラーの避妊効果と人気の高さを証明しているのです。
その高い避妊効果を確実なものとするためには正しい服用方法を守ることが最も重要になります。
どうしてかというとトリキュラーを服用しても避妊しなかった原因のほとんどが飲み忘れであったことが分かっているためです。

ですのでトリキュラーは、21錠だけ処方するタイプと、本来であれば服用しない7日間にプラセボが含まれている28錠を処方するタイプが提供されています。
21錠が処方されたときには、7日間服用するのを止めて8日目に忘れることなく服用する必要があるため、毎日服用することによって飲み忘れるのを防止したい人は28錠を処方するタイプが適していると言うことが出来るのです。

トリキュラーを服用している最中の生理に対する影響は、プラセボを服用している期間中に見かけ上の生理である消退出血が訪れて、生理が乱れてしまうのを最小限に食い止めてくれます。
そういった意味でも人気があるのです。
この消退出血はプラセボを服用する期間になった直後に生じるのではなく、およそ1日から3日ぐらい経ってから生じます。

トリキュラーは個人輸入で入手するのが楽

トリキュラーは皮膚科や婦人科の病院などの医療機関で処方される低用量ピルであるため、ドラッグストアや薬局の店頭では購入することができません。
ところが平日に働いている方などの場合、診察を受けるにしても、長い時間受診待ちをしなければならないので大変です。
そんな場合に役に立つのが個人輸入代行通販サイトで手に入れるという方法があります。
薬事法で個人輸入が禁じられている医薬品も存在しますが、トリキュラーは個人輸入が合法である医薬品に分類されているのです。

その上に個人輸入代行通販サイトは、初診料が発生せず、購入代金も病院などで健康保険を適用して3割負担で処方してもらうときの代金よりも安くなっている場合がほとんどとなっています。
健康保険に加入していない方でも割安の価格設定で購入することが可能な方法が個人輸入代行通販サイトを利用した購入方法です。

個人輸入代行通販サイトを使って購入すると、医療機関での診察料金や通院する時にかかる交通費などの費用が節約できます。
そして定期的に血液検査を受けたり通院したりする手間をかけなくても良いので楽です。
また個人輸入代行通販サイトはセットで購入すると割引になる場合が多く、長期間に亘って服用することができる分を大幅に安く抑えた価格で購入することができる可能性があります。

そのため仕事が多忙な人や家事や育児で診療時間の範囲内に病院に通う時間が簡単に確保できない方などにとって楽な入手手段としておすすめです。
しかし自己責任で手に入れることになるので、その分責任が重くなります。
初めて服用する場合は病院などの医療機関で処方してもらい、以後は個人輸入代行通販サイトを利用するという方法だと安心して利用することができます。